2017年12月20日 第9回自民党政務調査会二輪車問題対策PT

第9回自民党政務調査会二輪車問題対策PT

12 月 19 日(火)午前 11 時より 自民党本部 において 「自民党 政務調査会二輪車 問題対策プロジェクトチームの第 9回会合 」が開催された。
今回も 、第 8回 PT からの継続として「高速道路料金区分の独立化と適正 化」と「 小型限定普通二輪 小型限定普通二輪 (125cc) 免許取得時の負担軽減 免許取得時の負担軽減 」に対する 」に対する 」に対する 各省庁か らの報告 と質疑 が行 われた。

◇逢沢 一郎 PT 座長 より 以下旨挨拶 。
今回 が年内最後のPT。PTの先生方、政府側 、業界 関係者もそれぞれの努力を
重ねた一年だった 。世界の4大メーカがある中で国内の新車販売は厳しい状
況となっている。100万台の目標に向けて様々な課題に取組んでいくが同じ議
論を何年も続けていては国民の為にならない。いま議論 しているテーマ は、
来年に結論を得なければならない。

◇自動車工業会 阿部二特副委員長より以下旨挨拶。
要望事項について議論の進展は見られたが、要望の実現には至って いない。
業界としてもBLFの取組み等努力を続けていくが政府の更なる支援も必要。
2019年の消費税増税は二輪車ユーザーに大きな負担 となる。負担軽減負担軽減 、環境改善に向けて一層の支援を願いたい。

高速道路料金区分の独立化 と適正について

国土交通省道路局高速課及びNEXCO東日本より次のような説明 が述べられた。
 首都圏ツーリングプラは2日間 2.500 円の乗り放題プランで 円の乗り放題プランで4つのコー スを設定し7月14日から11月30日まで実施 した。
 ご利用件数 51,335 件。実際の 走行料金 は平均 4,433 円(割引率 43.6% )
 1日のみ の利用は 65 %。 2日間利用 35 %だった。
 利用者の状況。年齢は 40 代 35 %、 50 代 41 %、男性が 94 %。
もしこのプランが無かったら出けな かった方、高速を利用しなかったと答えた方は 43 %だった。
 二輪車 の高速料金は軽自動車の5/8(普通自動車 の半額 )が適正と回答し た方が 93%。
 春から再度計画する。 BLFの開催や業界知見を活した計画する。
出席議員からの 意見 として、以下旨が挙げられた。
 利用者は業界の努力もあっての件数 、単発 で終わらすことなく、期間 ・範 囲を広げるべき。
 春からの計画においては、本来料金適正化目的ため必要なデータ がより精密に得られるものとす。
 安全性の検証は厳格に行うべき。
 広報の状況によりさら利用が増えたではないか?

小型限定普通二輪 (125cc :AT )免許取得時の負担軽減

警察庁交通局運転免許課より次の説明が述べられた。
 上記免許の教習が 2日間で終了きるよう実験教習を行った。(関東地区4校の教習所)
 特に問題となる顕著疲労等は見られかった。 休息時間について
必要 時間は引き続 き検討 したい。
今後 ①来年2月調査委員会に於いて報告書案の検討
    ②3月報告書を完成
その後は 、仮のスケジュールだが 、 パブコメ内閣府令の施行手続き、 内閣府令の施行手続き、 教習所の準備 期間 を経て 実施可能となる見込み。(目途として来年7月)

出席議員からの意見として、以下旨が挙げれた。
 明るい話を得られた。低価格シミュレータの導入も急ぎ、実際にかかる教習日数を減らす努力も引き続行っていただ。
最後に、 逢沢座長より次の内容が述べられた後閉会となった。
 ツーリン グプラの実施結果は高速料金の独立化 、適正化に大きな足掛かりとなる。同制度の告知に努め、国民に利便性をもたらし、道路会社も収入が確保される制度設計とすべき。
 小型限定普通二輪( AT )免許取得時の負担軽減について、前進 が見られて 喜ばしい。教習の効果を確保 したうえで、時間的な負担 軽減 を願いたい。
<PT出席者> 敬称略:順不同
 座 長 逢沢 一郎(衆・岡山 1区)
 幹 事 長 今村 雅弘(衆・比例九州 )
 事務局長 三原 じゅ ん子(参・神奈川㉘)
 幹 事 山際 大志郎(衆・神奈川 18 区)、黄川田 区)、黄川田 仁志(衆・埼玉 3区)、
櫻田 義孝(衆・千葉8区)、 大岡 敏孝(衆・滋賀 1区)
山田 美樹(衆・東京 1区)、 大隈 和英(衆・大阪 10 区)
上野 宏史 (衆・ 比例南関東 )、杉田 水脈(衆 ・比例中国 )、
三宅 伸吾(参・香川 ○25 )

<関係省庁 >警察庁 交通局運転免許課
交通局指導課
経済産業省 製造産業局自動車課
国土交通省 道路局高速課
NEXCO 東日本 管理事業本部
経営企画本部計調整課
NEXCO 中日本 保全企画本部
なお、AJ 関係者 関係者 は、大村会長、土居副会長、加藤副会長、野間理事(AJ東京 理事長)、渡辺AJ東京専務理事、石井AJ専務理事らが出席した。 オートバイ政治連盟の吉田会長、福井二朗氏が出席した。